歯のホワイトニング剤でおすすめはコレ

 

 

ホワイトニングランキング1位

ホワイトニングランキング2位

ホワイトニングランキング3位

公式サイト

3869

10909

2941

保証 60日間返金保証
商品名 薬用パールホワイトプロ ビースマイル レディホワイト
人気

ホワイトニングランキング評判

タイプ 歯磨きジェルタイプ 歯磨きジェルタイプ ジェルタイプ
特徴 製薬会社と共同開発したホワイトニング専用歯みがき

薬用の力で、より白く、より健康的でキレイな歯と笑顔に!
@コスメ1位獲得の歯磨き粉!
ハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウム配合。

歯の汚れを落とし、白い歯をよみがえらせる薬用ホワイトニング歯磨きジェル。

独自の処方で自宅や外出先、どこでもブラッシングするだけで歯をつるピカに。
同時に殺菌&抗炎症作用で虫歯や歯周病も予防、歯と歯茎を健康に。

さまざまな雑誌に取り上げられ自分史上最高の白い歯が続いてると89%が実感している自宅で簡単にホワイトニングできる薬用ジェル。

毎日の歯磨きの代わりに使えます。
喫煙女性に効果が高いと人気で歯の黄ばみや口臭もケア。

内容量
30ml/1日3回で約2週間分 100回分/約1ヵ月分 約1ヵ月分
定期購入割
1ヶあたり
初回限定
3,240円
【送料無料】
初回半額
2,400円
【送料無料】
初回半額
2,750円
【送料無料】
  ホワイトニングランキング ホワイトニングランキング ホワイトニングランキング

 

歯のホワイトニング方法はいくつかありますが、ホワイトニング剤についてご紹介します。
ホワイトニング剤は歯磨きの後につけ、ブラッシングをするだけで歯の汚れを落としてくれます。
ホワイトニング剤で歯の黄ばみを落としましょう。

 

歯のホワイトニング剤とは

 

歯の黄ばみたや汚れと言った着色汚れを落とす場合、歯医者へ行ってオフィスホワイトニングを受けるといった方法もありますが、歯医者への通院は高額な料金と時間がかかってしまいます。
自宅で手軽に歯を白くしたいと思っている方が多いと思います。

 

そのような方におすすめなのがホワイトニング剤です。

 

ホワイトニング剤にはポリアスパラギン酸など、汚れを浮かしてから除去するホワイトニング成分が入っています。
いつもの歯磨きのあとにホワイトニング剤を歯ブラシにつけ、3分ほど歯磨きするだけでステインが除去されます。

 

ホワイトニング剤は汚れを浮かせてから除去するため、研磨剤のように歯を削ってしまうことがありません。
安全性が高いため、ホワイトニング剤を選ぶという方も多いです。

 

歯のホワイトニング剤には2種類あります

 

自宅でできるホワイトニング剤を紹介しましたが、実は歯のホワイトニング剤はもう1種類あります。

 

それは、「ホームホワイトニング」という方法で使われているホワイトニング剤で、歯医者でしか購入することが出来ません。
ホームホワイトニングとは、歯医者でマウスピースを作ってもらい、ホワイトニング剤を流して歯に装着します。

 

ホームホワイトニングでは歯を白くするやり方も異なり、こちらのジェルの主成分は過酸化尿素です。
過酸化尿素をマウスピースに塗って装着すると、ホワイトニングの薬剤が歯に徐々に浸透し、色素を分解していき、白くなっていきます。

 

自宅で行うホワイトニング剤は歯の表面にあるステインなどの汚れを落とすことが目的となります。

 

一方、歯医者で購入するホームホワイトニングのホワイトニング剤は歯の内部を漂白することが目的です。

 

それでは、マウスピースを使用しないホワイトニング方法についてご紹介します。

 

歯のホワイトニング剤の選び方

 

歯のホワイトニング剤は最近注目が集まっているため、たくさんの商品が販売されています。
そのため、どのようにホワイトニング剤を選べばいいのかわからないという方も多いと思います。

 

そのような方のために、ここではホワイトニング剤の3つの選び方をご紹介します。
ホワイトニング剤を選ぶときには、以下の点に注意をしましょう。

 

着色汚れをきちんと落とす成分が配合されているか

 

ホワイトニング剤を購入するとき、その他の着色汚れを落とす成分が入っているかどうかをきちんと確認しなければいけません。
以下が代表的な着色汚れを落とす効果がある成分となります。
ホワイトニング剤を購入するときは、きちんとこれらの成分が配合されているかを確認しましょう。

 

<着色汚れを落とす効果がある成分一覧>

  • PEG‐8(マクロゴール400)
  • PEG‐600(ポリエチレングリコール600)
  • ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
  • シリカ
  • ポリリン酸ナトリウム
  • ピロリン酸ナトリウム

 

医薬部外品に認定されているか

 

ホワイトニング剤は「医薬部外品に認定されているか」という点も、効果がある商品を購入できる方法としておすすめです。
販売者のセールスだけではなく、医薬部外品のように第三者からの認定があると、商品の安全性や効果が証明されているということで、最も効果的となります。

 

医薬部外品とは

 

医薬部外品とは何かについてご紹介します。
まず市販されているホワイトニング剤や歯磨き粉などは、

 

  • 化粧品
  • 医薬品
  • 医薬部外品

 

と、分類されます。
この分類は医薬品医療機器等法で定められており、医薬部外品や医薬品は厚生労働省の許可を得た上で販売されています。

 

医薬部外品は、医薬部外品と化粧品の間に位置しています。
「医薬品ではないけど医薬品に準ずるもの」に分類されており、目的に対する有効成分がきちんと規定量入っているのかどうかなどで判断されます。

 

医薬部外品と医薬品、そして化粧品を見分けるポイントですが、「有効成分が明記されているかどうか」が最もわかりやすいポイントとなります。
「有効成分」として化粧品は表示することができないので、成分表を確認するとすぐに分かります。

 

ホワイトニング剤を選ぶときは、医薬部外品かどうかを基準にすると良いでしょう。

 

毎月続けることができる価格設定か

 

歯の汚れは毎日の生活のなかで少しずつ付着してしまいます。
そのため、ホワイトニング剤は毎日続けなければいけません。

 

そのため、「毎月継続することが可能な価格かどうか」という部分も大切です。
無理をして高い商品を選んでも、続けることが出来なかったら意味がありません。
続けることができる価格の商品を選ぶようにしましょう。

 

通販サイトなどでは、初回だけ購入価格が半額など、低く設定されているサイトが多くあります。
ですが、継続しなければいけないことを考慮すると、2回目以降の価格にも注目する必要があります。