研磨剤が使われているおすすめのホワイトニングと研磨剤の注意点

歯が黄ばんでいたり、茶色くなっている人は、人前で口を大きく開けて笑うのが恥ずかいですよね。

 

そこで最近は、海外でも日本でもいろいろな種類の歯を白くするホワイトニング剤や歯磨き粉が販売されていますが、「歯が白くなる」と謳っている市販の歯磨き粉の中には歯にダメージを与えてしまう商品もあるため、注意が必要です。

 

 

ホワイトニングランキング1位

ホワイトニングランキング2位

ホワイトニングランキング3位

公式サイト

3869

10909

2941

保証 60日間返金保証
商品名 薬用パールホワイトプロ ビースマイル レディホワイト
人気

ホワイトニングランキング評判

タイプ 歯磨きジェルタイプ 歯磨きジェルタイプ ジェルタイプ
特徴 製薬会社と共同開発したホワイトニング専用歯みがき

薬用の力で、より白く、より健康的でキレイな歯と笑顔に!
@コスメ1位獲得の歯磨き粉!
ハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウム配合。

歯の汚れを落とし、白い歯をよみがえらせる薬用ホワイトニング歯磨きジェル。

独自の処方で自宅や外出先、どこでもブラッシングするだけで歯をつるピカに。
同時に殺菌&抗炎症作用で虫歯や歯周病も予防、歯と歯茎を健康に。

さまざまな雑誌に取り上げられ自分史上最高の白い歯が続いてると89%が実感している自宅で簡単にホワイトニングできる薬用ジェル。

毎日の歯磨きの代わりに使えます。
喫煙女性に効果が高いと人気で歯の黄ばみや口臭もケア。

内容量
30ml/1日3回で約2週間分 100回分/約1ヵ月分 約1ヵ月分
定期購入割
1ヶあたり
初回限定
3,240円
【送料無料】
初回半額
2,400円
【送料無料】
初回半額
2,750円
【送料無料】
  ホワイトニングランキング ホワイトニングランキング ホワイトニングランキング

 

市販の歯磨き粉で歯は白くなるの?

 

歯の色が黄色や茶色くなってしまうのは、濃い色の飲み物や食べ物に含まれる着色物質(ステイン)が歯の表面にあるタンパク質と結びついてしまい蓄積してしまうからです。

 

緑茶、ウーロン茶、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの飲み物から、カレーやケチャップなどを使った料理、そしてタバコも歯の汚れの原因となるため、一度歯が着色してしまうと通常の歯磨きで取り除くことが難しくなってしまいます。

 

では、汚れた歯を市販の歯磨き粉で白くすることはできるのでしょうか?

 

「歯を白くする歯磨き粉」のCMで見たことがある人もいると思いますが、そのような歯磨き粉は研磨剤が多く含まれていて、口に含むと分かるのですが、ジャリジャリとした粒が入っています。

 

その研磨剤で歯をこすることによって、着色した汚れを落としていきます。

 

「じゃあ研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨こう」と思うかもしれませんが、使用するときに注意が必要です。

 

研磨剤入り歯磨き粉を使用する際の注意点

 

実際に歯の汚れは研磨剤入り歯磨き粉でとれるのですが、ホワイトニングの効果はありません。

 

ではホワイトニングと謳っている商品はウソを言っているのかと思うかもしれませんが、歯の「本来の白さ」という表現をしているので、あながちウソではありません。

 

つまり、歯が真っ白くなるということを期待してはいけないのです。

 

あくまで汚れが落ち、元の白さに戻すという効果(=本来の白さ)があるというだけなのです。

 

そして研磨剤入りの歯磨き粉を使うには、注意が必要です。
研磨剤は汚れを落とすパワーを持っているだけではなく、歯の表面に細かい傷を作ってしまうことがあるため、研磨剤入りの歯磨き粉を付けた歯ブラシで歯を強く長い間磨いてしまうと歯の表面に傷ができてしまい、エナメル質が削られ、その結果歯が薄くなってしまったり、細かい傷の部分に色素が入り、今まで以上に歯が着色しやすくなってしまうのです。

 

そのため、毎日使用する用の歯磨き粉としてはおすすめしません。