歯医者もおすすめするホームホワイトニングとは?効果や価格、注意点など

  • 「歯を白くしたいけど、なるべく歯医者に行きたくない」
  • 「自宅で歯を白くしたい」
  • 「自分のペースでホワイトニングがしたい」

 

誰もがそんな悩みを持っているかもしれません。
そんな方々には、「ホームホワイトニング」 がおすすめです。

 

 

ホワイトニングランキング1位

ホワイトニングランキング2位

ホワイトニングランキング3位

公式サイト

3869

10909

2941

保証 60日間返金保証
商品名 薬用パールホワイトプロ ビースマイル レディホワイト
人気

ホワイトニングランキング評判

タイプ 歯磨きジェルタイプ 歯磨きジェルタイプ ジェルタイプ
特徴 製薬会社と共同開発したホワイトニング専用歯みがき

薬用の力で、より白く、より健康的でキレイな歯と笑顔に!
@コスメ1位獲得の歯磨き粉!
ハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウム配合。

歯の汚れを落とし、白い歯をよみがえらせる薬用ホワイトニング歯磨きジェル。

独自の処方で自宅や外出先、どこでもブラッシングするだけで歯をつるピカに。
同時に殺菌&抗炎症作用で虫歯や歯周病も予防、歯と歯茎を健康に。

さまざまな雑誌に取り上げられ自分史上最高の白い歯が続いてると89%が実感している自宅で簡単にホワイトニングできる薬用ジェル。

毎日の歯磨きの代わりに使えます。
喫煙女性に効果が高いと人気で歯の黄ばみや口臭もケア。

内容量
30ml/1日3回で約2週間分 100回分/約1ヵ月分 約1ヵ月分
定期購入割
1ヶあたり
初回限定
3,240円
【送料無料】
初回半額
2,400円
【送料無料】
初回半額
2,750円
【送料無料】
  ホワイトニングランキング ホワイトニングランキング ホワイトニングランキング

 

実はホームホワイトニングは、自分の好きな場所や時間、好きなペースで歯を白くすることができるのです。
それでは、そんなホームホワイトニングの価格や効果、やり方や注意点などを徹底解説します。

 

ホームホワイトニングの種類

 

ホームホワイトニングといってもいくつか薬剤に種類があり、その価格や濃度も様々です。
そこで、ホームホワイトニングの一般的な価格と種類をご紹介します。

 

日本では10%程度の濃度のものが一般的となっています。
歯の性質やそのときの状態、かける期間や目指している白さなどによって、最適な種類や濃度が変わってくるので、実際に歯医者さんと相談しながら決めたほうが良いでしょう。

 

ここでは国内で認可されている4種類をご紹介していきます。

 

種類 濃度 内容量 料金(マウスピース代込)
オパールエッセンス 10%, 15%, 20%, 35% 1.2ml 8,000円~12,000円
ナイトホワイトエクセル 10%, 16%, 22% 3ml 7,200円~14,000円
松風ハイライトシェードアップ 10% 3ml 7,200円~14,000円
ティオンホーム 10% 2.5ml 7,200円~11,200円

 

 

より効果的に歯を白くするための2つのポイント

 

ホームホワイトニングするなら、より効果的に白くするポイントを知りたいですよね。
そこで、そんなホームホワイトニングのポイントをご紹介します。

 

歯医者でマウスピースを作ってもらう

 

マウスピースを作るのは歯医者がおすすめです。
ネットや通販などで数百円で買えるものもありますが、安売りされているものは歯の形に全く合わなかったり、壊れやすかったりします。
そうすると、歯全体にホワイトニングのジェルが行き渡らなかったり、また、なにかの拍子に壊れて液が漏れてしまったりして危険です。

 

歯医者できちんと型を取ってもらい、マウスピースを作成してもらったほうが、自分の歯の形にぴったりフィットしますし、自分にピッタリのマウスピースを手に入れることができます。
自分の歯にあったマウスピースなら装着時の違和感もなく、歯全体にジェルが行き渡ることができます。
自分の歯の形にピッタリなマウスピースなら、ジェルの節約にもなります。

 

自分に合う濃度の薬剤を用いる

 

実はホワイトニングの薬剤には、濃度や種類が様々なものがあります。
ですが、大事なのは自分にあった薬剤を用いることです。
なぜかというと、歯や歯質の状態は人それぞれ違い、高い濃度の薬剤でも平気な人もいれば、比較的低い濃度でも知覚過敏になってしまう人もいます。
歯医者さんで相談し、自分にピッタリの薬剤で、痛みなど感じることなく快適に歯を白くしていきましょう。

 

一回でもオフィスホワイトニングを行う

 

ホームホワイトニングでより効果的に歯を白くするために、一回でもいいのでオフィスホワイトニングを受けることです。
その際、ホームホワイトニングを初めてから2週間後にオフィスホワイトニングをすると、最も効果的であり、より早く白くなります。

 

どうやればいいの?ホームホワイトニングのやり方

 

ここまではホームホワイトニングの概要や種類、ポイントなどをご紹介しました。
そこで、ホームホワイトニングのやり方をご紹介します。
ホームホワイトニングは、まず歯医者でマウスピースを作ってもらい、実際にホームホワイトニングを行ったあと、適宜歯医者で効果を見てもらったり、ジェルを追加で購入する、という流れになります。

 

歯医者でマウスピースを作ってもらう

 

ホームホワイトニングとはいえ、まずは歯医者に行かなければいけません。
主な目的は、マウスピースの型取りをしてもらうためです。
歯医者での大体の流れをご紹介します。

 

  1. カウンセリング:どのくらい白くしたいのかや、ジェルの濃度などを決めていきます。
  2. 歯のクリーニング:ホワイトニングの効果を最大限まで高めるため、歯の汚れ(着色や歯石)を取り除きます。
  3. 口内写真とレントゲンの撮影:歯周病や虫歯など口の中を確認していき、現在の歯の色をチェックします。
  4. マウスピースを作成:歯型を取ってもらい、マウスピースを作っていきます。
  5. マウスピースを装着:痛いところがないかどうか、違和感がないかどうかなどをチェックしていきます。
  6. 使い方の説明:ジェルとマウスピースが渡され、使い方の説明などを受けます。

 

以上が歯医者で行っている大まかな流れです。
マウスピースを受け取ったら(受け取りは約1週間後)、実際に自宅でホームホワイトニングをやってみましょう。

 

実際にホームホワイトニングをしてみる

 

次に、実際にマウスピースを装着してみて、ホームホワイトニングをする際の大まかな流れをご紹介します。

 

  1. 歯磨き:まずは歯の汚れをきちんと落とします。
  2. マウスピースに薬剤を投入:薬剤は米粒大くらい入れます。
  3. マウスピースの装着:マウスピースを着けます。ジェルが溢れたら、ティッシュなどで拭き取ってください。
  4. マウスピースを外す:時間が経過したらマウスピースを外します。目安は約2時間です。
  5. 歯磨きとうがい:口をよくすすいだら、歯を優しく磨いてください。
  6. マウスピースを洗浄:マウスピースを水で洗いましょう。ジェルが残っていたら、指や歯ブラシで優しく洗ってください。洗ったマウスピースは水を切ったあとケースにしまいましょう。

 

以上が自宅で行うホームホワイトニングの方法となります。
これらを数週間~数ヶ月続けると、真っ白な歯を手に入れることができます。